Oracle Database 11gのmemory_max_targetはどこまでいけるのか?(32bit Win版)あなたはSI業界の下請け構造を本当に無くしたいですか?

2009/02/23

トップページ大切SI業界/IT業界

IT業界のビジョンは我らの中にあり!

もう1年以上前の記事ですが、こんなイベントがありました。
「IPAフォーラム2007」で、IT業界の重鎮と理系学生による討論会を開催した。テーマは「IT産業は学生からの人気を回復できるのか」だ。(中略)いくつか挙げられたIT業界のイメージは実にネガティブな内容だった。



こちらに対する有名な方々のご意見。
未来をイメージできない産業に人は集まらない。IT産業は人がすべてである。魅力のない産業は減衰する。

なぜなら、彼ら「業界の重鎮」たちが、何を作ったのか、そこには全く書かれていないから。

そして、その有名な方々に対するご意見。
プログラマは、「オレらアタマいい」的な考え方をやめることはできないのか。もうちょっと頭の使い方を考える必要はないのだろうか。

いつもは「プログラム楽しいぞ!」とワクワクさせてくれる人たちが、こと学生の就職となると語りつくされたような業界批判を連鎖させる。それはいったいなぜ?

つい最近までは、武田さんのご意見に納得して、何も書く気は無かった。
以下の記事を読むまでは、、、
勢川さんはシリコンバレーと一般的日本の会社の風習の違いをご説明くださった。個人的に印象深かったのが下記ポイント。

「日本人はお上意識が強く、下の人間は何でも上のせいにしようとする。」

この記事を読んで、「本当にまずいのは自分だ」という事に気づいた。

学生のイメージ然り、実際の仕事でも然り、何かとお上に対して「ビジョンを提示して欲しい」と考えがちだったが、

「ビジョンは自分自身がイメージして、アウトプットすべきことなのだ」

と悟った。

冒頭のイベントも、経営陣(=重鎮)を集めて、「システムインテグレーションの魅力を語れ」ということに無理がある。
経営者は会社の経営が仕事であって、システムを構築しているわけではない。
更に極端なことを言ってしまえば、自社のビジネスを好きである必要も無い。

だから、現場の我々こそがビジョンをイメージしなければいけないのだと。
(ビジョン=IT業界の明るい未来とか、今のビジネスをこうしたいとか…ね)

明日からはもっと意識して行動しよう。 ┗(`・∀・´●)ガンバル

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ  ← その他のSEブログはこちら・応援クリック歓迎
tsutaken at 22:05│Comments(0)大切 | SI業界/IT業界

この記事へのトラックバック

1. 半径5メートル主義って、、、  [ SIer魂 ]   2009/10/19 23:13
以前、こんな記事を書いた。  ・ビジョンは我らの中にあり! その時、吉岡さんからこんなブックマークコメントを貰った。 「1 半径5メートル主義」

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Oracle Database 11gのmemory_max_targetはどこまでいけるのか?(32bit Win版)あなたはSI業界の下請け構造を本当に無くしたいですか?