イベント

2019/07/07

そうだ、2019参議院選挙に行こう

と、いうわけで。
この辺りを参考にサクっと投票先を決めて、、、

====================

政策別 | 各党の公約 2019 | NHK選挙WEB

政党との相性診断 | 参議院選挙2019 - Yahoo!ニュース

====================

期日前投票に、行こーっと。


いや〜。以前に比べて便利になりましたねー(^^)


お前ら選挙いく?

→ もちろん。
  って書いても、トラックバックできない。。。。・゚・(ノД`)


【2019/07/15追記】
上記のリンクには一部政党の情報しか無いことに気づいた。。。
実際にはこれだけの政党から立候補しています。
ご参考までに。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ  ← その他のSEブログはこちら・応援クリック歓迎
tsutaken at 20:01|PermalinkComments(0)

2016/07/09

これからは選挙に行くことにした

明日は参議院選挙の投票日。
私は以前にこんな記事を書きました。

判断材料が足りないから選挙に行かないという選択

でも最近、「シルバー民主主義」という言葉を知り、考え方を改めることにしました。

シルバー民主主義の到来
 高齢化社会の進展に伴い、政治家が高齢者を重視した政策を打ち出さなければならなくなり、
 現役労働者である若年・中年層よりも、引退し年金を受け取っている高齢者を
 優遇せざるを得ないという政治状況になりつつある。


政治は高齢者でも現役でも無く、次の世代の為にあるんでしょ?


ということで、投票先を決める際に便利なサイトを見つけたのでメモ。
朝日新聞のサイトは、地域の候補者のスタンスを一覧で見れるので非常に便利です。
前述の記事を書いた時は、こんなの無かった(と思う)なぁ。。。
きっと、2013年4月の公職選挙法改正から変わったんですね。

そんな訳で、、、

     選挙に行こう!

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ  ← その他のSEブログはこちら・応援クリック歓迎
tsutaken at 10:00|PermalinkComments(0)

2011/10/19

【やめました】判断材料が足りないから選挙に行かないという選択

いや、ほんとココなんですよね。

現状では地元候補者に投票する際でさえ、誰がどんな考えを持って何を言っているのかは余程意識的に情報を集めないとわからない。それも日本ではネットでの選挙活動が解禁されていないから、市報やらたまたま巡り合わせた街頭演説やら、たまたまニュースや新聞で見かけた過去の活動から判断するしかない。選挙カーなんて名前を連呼するだけでまともな判断材料なんてくれやしない。そんな偶然性に大きく左右される情報偏差が多い状態で、間接民主制の真意たる正しい選択ができるのだろうか。この状態で、我々は情報を基に自分の意思で自分の代理人を選任していると言えるのだろうか。

私自身は、判断材料が足りない状態で適当に投票する方が、
選挙に行かないよりよっぽどヒドイと思っているので、投票には行っていません。

「選挙に行こう!」って言うのも、
行くことが目的じゃ無いでしょ?って思います。
(白紙投票してるヒマなんて無いしw)

以前、アイデアボックスでもこの話題が出ていましたが、
なかなか実現されないのは、政治家さん達がよっぽどやりたくないんでしょうね(−_−;)



【2019/07/05追記】
色々と状況も変わってきたので、この考え方はやめました


  このエントリーをはてなブックマークに追加

 にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ  ← その他のSEブログはこちら・応援クリック歓迎
tsutaken at 12:30|PermalinkComments(0)

2010/02/23

アイディアボックス…悪くないですね…フフ…

IT政策を自由に議論 経産省が「ネット審議会」開設 - NIKKEI NET

こんな記事を見かけて、早速覗いてみました。

経済産業省アイディアボックス

2010/02/23〜2010/03/15までの期間限定で、
「IT政策」についての意見を募集しているみたいです。

早速登録してみると、何故かOpenID対応にも関わらず、
パスワード登録を求められました、、、w  → その後、改善された模様(^^)b

皆さんも登録してみては如何でしょうか?
こういうのは、期間を限定せずにやって欲しいなぁ。。。


【2010/02/28追記】
期間を限定するのは、それなりの理由があるみたい。

このように期間を限定して実施するのは、議論の集中度やその結果の整理などを勘案してのことです。米国の事例でも一ヶ月程度でテーマを絞ったりしています。このような期間も今後はどのくらいの長さがよいのか検討をしていきます。

なるほど〜。
忙しさを理由に投稿されないような案は、所詮それまでということですね。



  このエントリーをはてなブックマークに追加

 にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ  ← その他のSEブログはこちら・応援クリック歓迎
tsutaken at 21:24|PermalinkComments(0)TrackBack(1)