Linux

2011/08/17

SSHパスワード認証を省略してrsyncとかscpを使う方法

「夜間に大量のデータを転送しておきたい」
「夜中にDisk to Diskのバックアップを実行したい」

そんな時に役立つ方法をメモ。

◆転送元サーバの作業

 1.サーバのSSH用鍵セットを確認する。
  ls ~/.ssh/id_dsa.pub
  ls ~/.ssh/id_dsa

  無い場合は作成する。

  ssh-keygen -t dsa

  ※passphraseは未入力でEnter(注1)

  ~/.ssh/id_dsa ・・・ 秘密鍵
  ~/root/.ssh/id_dsa.pub ・・・ 公開鍵

 2.rsync等使いたいコマンドをcronに設定する。
  0 3 * * * /usr/bin/rsync -avz /usr/local/xxx/ user001@192.168.0.1:/home/user/xxx/


◆転送先サーバの作業

 1.利用ユーザのhomeディレクトリ配下に、
   ・「.ssh」ディレクトリ
   ・「authorized_keys2」ファイル
  があることを確認する。

  ls ~/.ssh
  ls ~/.ssh/authorized_keys2

  無い場合は作成する。

  mkdir .ssh
  chmod 700 .ssh/
  cd ~/.ssh
  touch authorized_keys2
  chmod 600 authorized_keys2

 2.転送元の公開鍵の中身を2のファイルに転記する。

 3.一時的な利用の場合は、終了後に転記内容を消しておく。


ん〜。便利だねぇ。


(注1)ここでセキュリティが気になった人はこちらを参照。
 ・共通テーマ: OpenSSH キー (鍵) の管理: 第 1 回 - IBM developerWorks Japan



  このエントリーをはてなブックマークに追加

 にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ  ← その他のSEブログはこちら・応援クリック歓迎
tsutaken at 12:24|PermalinkComments(0)

2011/07/27

LinuxでOSユーザの一覧を確認するコマンド

cut -f1 -d: /etc/passwd

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ  ← その他のSEブログはこちら・応援クリック歓迎
tsutaken at 12:30|PermalinkComments(0)

2011/05/04

NFSの各種バージョン確認方法

◆利用できるNFSマウントのバージョン確認

サーバ側で以下のコマンドを実行する。

rpcinfo -p | grep nfs

結果はこんな感じ。

プログラム バージョン プロトコル ポート
100003 2 udp 2049 nfs
100003 3 udp 2049 nfs
100003 4 udp 2049 nfs
100003 2 tcp 2049 nfs
100003 3 tcp 2049 nfs
100003 4 tcp 2049 nfs


◆現在動作しているNFSマウントのバージョン確認

クライアント側で以下のコマンドを実行する。

nfsstat -m

結果はこんな感じ。オプションも確認できて便利。

/common from 192.168.xxx.xxx:/common
Flags: rw,vers=3,rsize=32768,wsize=32768,hard,intr,proto=tcp,timeo=600,retrans=2,sec=sys,addr=192.168.xxx.xxx


その他のNFS詳細については、以下のページで勉強させて頂きました。
Stray Penguin - Linux Memo (NFS)
Stray Penguin - Linux Memo (NFSv4)
NFS の性能を最適化する

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ  ← その他のSEブログはこちら・応援クリック歓迎
tsutaken at 12:20|PermalinkComments(0)

2011/04/13

Linuxではzip圧縮の4GB制限をtarコマンドで越えましょう

32bitのLinuxサーバで、単一のファイルを圧縮しようと思い立ちました。
参考までに既存のシェルを除くと、

# tar czvf xxx.txt

と、何故かtarコマンドを使っています。

そんなのzipコマンドで良いんじゃないの?
ということで、そちらを実行したところ見事にエラーが発生。

# zip xxx.txt
zip error: Entry too big to split, read, or write (file exceeds Zip's 4GB uncompressed size limit)

んー。google先生に聞いてみよう。

おえかきWindows: ZIPの4GB制限

調べてみるとzipは基本的に 4GB制限 があり、それ以上のファイルを扱うには64bit拡張に対応したzipソフトを使わなければならないとのことです。よくよく考えてみたらzipを使う理由も特にありませんし、改めてgzipで圧縮 して保管するように修正して事なきを得ました(えー)。

ということで、どうやらzipコマンドでは、
4GB以上のファイルが圧縮できないようです。
でも、gzipならいけるようですね。

では、早速。

# gzip xxx.txt

lsで確認すると、xxx.txt.gzがちゃんとできていました。

でも、元ファイルがなくなってるYo!

ふ〜。あぶない×2。
gzipは元ファイルを消しちゃう仕様なんですね。
大事なファイルだったらと思うとゾッとします。。。(-_-;

そして結局、

# tar czvf xxx.txt

に行き着いたとさ。
おしまい。


See also:
Windowsで2GBを超えるzipファイルが壊れる

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ  ← その他のSEブログはこちら・応援クリック歓迎
tsutaken at 12:45|PermalinkComments(0)

2010/11/24

Logical Volume割り当てのDomain-UでDiskを拡張する手順

次回はディスクの拡張も試してメモろうと思います。

と、書いてからもう2年・・・。
ようやく機会があったのでメモりんぐ。

 ・Domain-0のLogical VolumeをDomain-UのDiskとして割り当てている
 ・Domain-0のVolume Groupに十分な空きDiskがある
 ・Domain-Uでパーティション(fdisk)を区切っていない ← ここ重要

となっていることが前提です。
というか、上記の通りDomain-Uを作成しておくと非常に便利。

例えば、Domain-0の/dev/VolGroup01/LogVol02を、
Domain-Uの/dev/xvdbに割り当てていて、
こいつを拡張する場合は以下の通り。


◆Domain-0の作業
・念のため、Dom-UのDiskをチェックする
 fsck /dev/xvdb

・Dom-Uをシャットダウンする

・Dom-0上のLVを拡張する
 lvextend -L +20G /dev/VolGroup01/LogVol02

・Dom-Uを起動する


◆Domain-Uの作業
・Dom-Uのファイルシステムを拡張する
 resize2fs /dev/xvdb 140G

なんと、たったこれだけ!


なお、うちの場合はVolume Groupの空きが足りなかった為、
以下を参考に既存ファイルシステムを縮小してから実施しました。
論理ボリュームを縮小するには − @IT

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ  ← その他のSEブログはこちら・応援クリック歓迎
tsutaken at 12:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)