Windows

2019/05/12

人生100年時代はブラウザの寿命も30年か・・・

中途半端な発表はいらないから、
さっさとInternet ExplorerのEOLを発表してくれー。

マイクロソフト、企業にInternet Explorerの使用をやめるよう要請。「IEは技術的負債もたらす」 - Engadget 日本版

EdgeブラウザのChromiumベース移行、マイクロソフトが正式発表。Macなど他OSにも提供へ - Engadget 日本版

[速報]次期Micrsoft Edgeに「Internet Explorer mode」搭載。企業向けにIE11のレンダリングも提供。Microsoft Build 2019 − Publickey

と思っていたら、以下を発見。
----------------------------------------------------
OS      IE   サポート終了日(日本時間)
----------------------------------------------------
Windows 10 IE11  2025年10月15日
----------------------------------------------------


な・・・なんだと!?
IEは1995年公開らしいので寿命が約30年ってこと!?

この時点で長すぎるだろー (ノд・。) グスン

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ  ← その他のSEブログはこちら・応援クリック歓迎
tsutaken at 17:48|PermalinkComments(0)

2019/01/30

Windows10でスタートメニューの動きがおかしくなった

我が家のPCは元Windows7機をWindows10に無償アップデートした機種なのですが、
ある日、スタートメニューの反応がおかしくなりました。

左クリックしても反応せず、右クリックと交互に押すと反応するのですが、
こちらが期待している動きをしてくれません、、、(ToT)

あれこれ試したものの解決策が見つからず、
Google先生にお聞きしたところ以下の記事を発見。

Windows10 1709 Fall Creators Update ― サービスを1つ止めただけで、スタートボタンが無反応 - ふらっと 気の向くままに

ということで、「Windowsプッシュ通知システムサービス」を起動させたところ
無事、元に戻りました。

古いPCなので起動がだいぶ遅くなっており、
不要を思われるサービスを止めたのが仇となったようです。


>まめだぬき さん

 ありがとうございましたm(_ _)m

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ  ← その他のSEブログはこちら・応援クリック歓迎
tsutaken at 17:49|PermalinkComments(0)

2016/12/28

そういえば、自宅PCをWindows10にアップグレードした

ちょっと前の話ですが、無償アップデート期間中にやっておきました。
実績として晒しておきます。

・アップデートしたPC
 Lenovo H330シリーズ Pentium プロセッサー G620 タワー型デスクトップPC ブラック 1185-3BJ

・アップデート内容
 Windows7 Home Premium(64bit) → Windows10 Home(64bit)

サクッとアップデートできて、問題なく動いてる。。。
すごいなー!(≧∇≦)

今年もあと少しですね。皆様、良いお年を!


  このエントリーをはてなブックマークに追加

 にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ  ← その他のSEブログはこちら・応援クリック歓迎
tsutaken at 11:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010/08/15

Active Directoryで使うドメイン名の命名ルール

Windows 2003 Serverで確認した、
Active Directoryで使うドメイン名の命名ルールをサクッとメモ。

ADドメイン命名ルール

  • スペースは使用できません
  • 数字以外の文字が最低1文字必要
  • :!#$&()*+.'/:;<=>?@[\]^`{|}~ は使用不可

そんだけ〜。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ  ← その他のSEブログはこちら・応援クリック歓迎
tsutaken at 00:41|PermalinkComments(0)

2010/07/17

Windows Server 2008 Server Coreを使ってみた

まぁ、モノは試しと言うことで。

コマンドからの操作を調べつつ、
Apache + Tomcat + MySQLのアプリを動作させてみました。

----------------------------------------------------
■コマンドプロンプトを起動する
 Ctrl + Alt + Deleteを押して、タスクマネージャを起動。
 ファイル → 新しいタスクの実行で、cmdを実行。

■画面解像度を変更する
 レジストリをいぢらないといけません。
 Windows Server 2008 Server Coreの画面解像度を変更する − @IT

■サーバ名を変更する
 netdomコマンドで実施するみたい。
 Windows Server 2008のコンピュータ名をコマンドラインから変更する − @IT

■Zipの解凍・・・ができなかった
 JDKがあれば、jar xvf hoge.zipが使えますが、標準のままでは方法が見当たらず。
 ローカルで展開して、サーバにコピーする方法に切り替え(^^;

■ファイルを共有する
 タスクマネージャから見るとWindows Firewallが見当たらないけど、
 コマンドプロンプトで確認すると起動しているようなので、
 必要なプロトコル/ポートを開ける。
  ・UDP 137
  ・UDP 138
  ・TCP 139
  ・TCP 445

 コマンドプロンプトでファイアーウォールの設定を変更するには、
 netshコマンドを利用するらしい。

 まずは現在の設定を確認。
 netsh advfirewall firewall show rule name=all

 以下のようにファイル共有に必要なポートを空ける。
 netsh advfirewall firewall set add rule name="HTTP" dir=in protocol=TCP localport=80 action=allow

 Windows Vista/Windows Server 2008のファイアウォールをnetshコマンドで制御する − @IT

■ディレクトリを丸ごとコピーする
 XCOPYだと思っていたら、「推奨されていない」とメッセージが、、、
 ROBOCOPYを使えとのこと。「ロボコピー」って、、、(^^;

 なお、GUIのインストーラは、そのまま利用できました。

■リモートデスクトップを利用する
 コマンド1つ実行。
 Cscript %windir%\system32\SCRegEdit.wsf /ar 0

 Windows 2008 サーバー コア でのリモート デスクトップを有効にする方法
----------------------------------------------------

初めてコマンドから実行したものが結構あったなぁ。

不要なモジュールが無い分、パッチの適用頻度も低いでしょうし、
用途が決まっているサーバに対してはこちらの方が良さそうですね(^^)b

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ  ← その他のSEブログはこちら・応援クリック歓迎
tsutaken at 22:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)