会社

2019/04/24

GAFAMを含めたらアメリカの対日貿易赤字なんて吹き飛ばないの?

ソース無しで素人の私見なんですが、
この記事を読んで「なんか騙されてるんじゃないかなー?」と。。。

2日間の会合で米国は、対日貿易赤字の削減と農業市場の開放を要求した。
(中略)
茂木氏は物品を軸とした協定の締結後、新たにサービス分野などを含めた別の交渉を日米が始める可能性は「極めて低いと思う」と語った。
(中略)
米国側が「巨額の対日貿易赤字の問題を提起した」と明らかにした。


そんなこと無いのかなぁ?


【2019/04/26追記】
ネット広告、EC、音楽配信など日本のネット売上が米中プラットフォームに大量流失 新経連が独自調査 - BuzzFeed


  このエントリーをはてなブックマークに追加

 にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ  ← その他のSEブログはこちら・応援クリック歓迎
tsutaken at 11:40|PermalinkComments(0)

2016/11/23

会社にとって「利益」は目的ではないが、貢献度を図るモノサシにはなる

先日、とある社長さんが仰っていた以下の言葉。

「売上は目的じゃない。手段なんです。」

同感ではあったのですが、そこで即座に伝えられなかった言葉がタイトル。
「売上」を「利益」に変えたのは、そちらがより本質だと思ったので。
個人的には、以下の記事で紹介した長谷川会長の言葉がしっくり来ています。

なぜ利益を優先しない人が儲かるのか? - SIer魂

会社の基本的なサイクルというのは、

「幸福」に貢献する → 「利益」が出る → 会社が継続できる → 最初に戻る

だと思っていて、本当に「幸福」に貢献している会社は
我々一般庶民としても継続してもらわなくては困るんです。
なお、幸福については以下も参照ください。

『幸福』は最大の目的であり、足るを知る者は満たされる - SIer魂

で、やっぱり結論としては、

「利益」は会社が「幸福」への貢献を継続する為の手段であり、貢献度を図るモノサシになる

となります。
じゃあ、「どのように貢献するか?」というのは、会社の存在意義やビジョンとなるのでしょう。
これを決めるのは、とても難しいことだろうなぁ。。。

ここで前述の社長さんの言葉をもう一つ。

「人生スピードじゃねえんだ」@とくダネ!

・・・深い。
最近、大事なこと程、焦らずにじっくり考えた方が良いと感じることが多いです。

砂粒みたいなイチ会社員は、ふとそんなことを考えましたとさ。( ̄▽ ̄)。o0○ ポアァン

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ  ← その他のSEブログはこちら・応援クリック歓迎
tsutaken at 11:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012/07/04

会社に雇われるということ

常々、私が会社に対して考えていることに近い考えを持つ人を見つけた。

  1. 組織に所属するということは、個人と組織の間における対等な契約関係である。私には組織を選ぶ自由があり、組織にも私を受け入れるかどうか決める自由があった。私は労働という形で組織にサービスを提供し、組織は金銭という対価を私に支払った。その契約を結ぶにあたって、私はその組織をだますようなことはしておらず、組織が私と契約したのは完全に組織自身の選択である。そこには、恩という要素はない。

ただ、違う部分もあるので自分流に書いてみる。

  1. 「会社」に所属するということは、「個人」と「会社」の間における対等な契約関係である。

  2. 「仕事」をするということは、「人」と関わるということだ。

  3. 「恩」は「人」に感じるものであり、「会社」に感じるものでは無い。

今はそう思っています。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ  ← その他のSEブログはこちら・応援クリック歓迎
tsutaken at 12:05|PermalinkComments(2)

2011/09/14

なんだそりゃ(笑)

>仕事メモ的な使い方も便利だな〜と思う。

って感じで始めたのに、会社からはこのブログが見れなくなった。。。
ナゼかブログとかwikiはダメらしい。

やっぱ、リクナビNEXTしかないかっ!?


  このエントリーをはてなブックマークに追加

 にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ  ← その他のSEブログはこちら・応援クリック歓迎
tsutaken at 12:28|PermalinkComments(3)

2011/05/11

“無駄”と会社の存在意義

1年くらい前に、「会社の存在意義」を漠然と考えていました。

その中でも、やはり「雇用」は1つ大きな要素かなと。
なので、こんな記事をみると、、、
この国の経済は「無駄によって支えられている経済」なのだ。(中略)
本当に無駄を省いて資金を捻出し、底辺の人を救いたいと思うなら、覚悟が必要なのは水色の人達だ。少なくとも両方の手に持つその貯蓄袋の一つは手放す必要がある。持ち家か、子供の大学進学か、安定した老後か、そのうちのひとつくらいは諦める必要がある。

「仕分けられる」のは、私であり、あなたなのだ。

すごく違和感を感じます。
無駄の判断基準が謎なのは差し置いても、
「無駄な仕事はしちゃいけない」
とか、なんでそんなところばっかり真面目なんだろう??

国際競争力が下がるから?
でも、それは人の幸福度にどれだけ寄与するのでしょう??
たとえ無駄な仕事でも、雇用を産み出している会社や組織がある方が、
よっぽど世の為、人の為になっていないでしょうか?

お時間のある方、ご意見くださいな。
続きを読む

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ  ← その他のSEブログはこちら・応援クリック歓迎
tsutaken at 12:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)