Windows Server 2008 を VMware Server 1.0.5 上で動作させるフリーの年賀状ソフトが想像以上に凄い件について 

2010/11/24

トップページLinux仮想化

Logical Volume割り当てのDomain-UでDiskを拡張する手順

次回はディスクの拡張も試してメモろうと思います。

と、書いてからもう2年・・・。
ようやく機会があったのでメモりんぐ。

 ・Domain-0のLogical VolumeをDomain-UのDiskとして割り当てている
 ・Domain-0のVolume Groupに十分な空きDiskがある
 ・Domain-Uでパーティション(fdisk)を区切っていない ← ここ重要

となっていることが前提です。
というか、上記の通りDomain-Uを作成しておくと非常に便利。

例えば、Domain-0の/dev/VolGroup01/LogVol02を、
Domain-Uの/dev/xvdbに割り当てていて、
こいつを拡張する場合は以下の通り。


◆Domain-0の作業
・念のため、Dom-UのDiskをチェックする
 fsck /dev/xvdb

・Dom-Uをシャットダウンする

・Dom-0上のLVを拡張する
 lvextend -L +20G /dev/VolGroup01/LogVol02

・Dom-Uを起動する


◆Domain-Uの作業
・Dom-Uのファイルシステムを拡張する
 resize2fs /dev/xvdb 140G

なんと、たったこれだけ!


なお、うちの場合はVolume Groupの空きが足りなかった為、
以下を参考に既存ファイルシステムを縮小してから実施しました。
論理ボリュームを縮小するには − @IT

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ  ← その他のSEブログはこちら・応援クリック歓迎
tsutaken at 12:34│Comments(0)Linux | 仮想化

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Windows Server 2008 を VMware Server 1.0.5 上で動作させるフリーの年賀状ソフトが想像以上に凄い件について