おススメの男くさいボーカルのバンドあなたの知らないLINEいじめの世界

2016/09/28

トップページ大切幸せ

「幸福」は最大の目的であり、足るを知る者は満たされる

2012年に開催された「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」で、
当時のウルグアイ大統領ホセ・ムヒカ氏のスピーチが話題になりました。
今回はその中の言葉を紹介します。

貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ

参照元 Read the original here: http://hana.bi/2012/07/mujica-speech-nihongo/#ixzz4KQcpNdZB
Under Creative Commons License: Attribution Non-Commercial
Follow us: @hanabiweb on Twitter | hanabiweb on Facebook

スピーチの全文はリンク先に掲載されているので、時間があればそちらも参照してみてください。
これを読んだときに私に浮かんだのがタイトル後半の言葉でした。



元は「足るを知る者は富む」という老子の言葉ですが、
こちらは解釈も色々あるようなので、私なりのアレンジ版です。

アレンジ版の「足るを知る」は「いま生きている事だけで十分だと理解する」という意味合いで、
どちらかというと明石家さんま氏の「生きてるだけで丸儲け」に近いのかもしれません。

ここで、ホセ・ムヒカ氏のスピーチからもう1つ。

発展は幸福を阻害するものであってはいけないのです。発展は人類に幸福をもたらすものでなくてはなりません。愛情や人間関係、子どもを育てること、友達を持つこと、そして必要最低限のものを持つこと。これらをもたらすべきなのです。幸福が私たちのもっとも大切なものだからです。環境のために戦うのであれば、人類の幸福こそが環境の一番大切な要素であるということを覚えておかなくてはなりません。

参照元 Read the original here: http://hana.bi/2012/07/mujica-speech-nihongo/#ixzz4KQcpNdZB
Under Creative Commons License: Attribution Non-Commercial
Follow us: @hanabiweb on Twitter | hanabiweb on Facebook

常々感じていたのですが、日々の生活の中でつい見落としがちになるのが「幸福」です。
これこそが最大の目的にも関わらず、目の前のことに捉われて忘れてしまう。
お金、仕事、高級品等は全て手段でしか無いはずなのに。

ここまで書いて気づいたのですが、前に似たようなことを書いてた!

やっぱり、国民総幸福量(GNH)の方が大切だよね - SIer魂
「しあわせの見つけ方」 あるいは 「しあわせの感じ方」 - SIer魂

下の絵本がキッカケで、大切なことを思い出すことができました。




  このエントリーをはてなブックマークに追加

 にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ  ← その他のSEブログはこちら・応援クリック歓迎
tsutaken at 11:45│Comments(0)大切 | 幸せ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
おススメの男くさいボーカルのバンドあなたの知らないLINEいじめの世界