Hyper-V上でWindows 2003 Serverのインストールが失敗する件面接官「特技は残業とありますが?」

2009/11/14

トップページデータベースWindows

Oracle Enterprise Managerを再構成する方法(Windows版)

ひょんなことから、Windowsサーバ上のOracle移行をやることになり、
あれこれやっているうちに、Enterprise Managerが起動しなくなった(汗)

仕方なく、Enterprise Managerの再構成を実施したのでメモ。

Oracleのバージョン : 10.1.0.2.0


■RepManagerが無い!
 まずは、マニュアルを参照したところ、RepManagerを使えとのこと。
 早速起動してみると、どうも挙動がおかしい。
 ファイルを開いてみると、どう見てもシェルスクリプトでDOSバッチが無い、、、なんだそりゃ?


■google様にお問い合わせ
 復活の呪文キタ━(゜∀゜)━!!!!!
 
emca -deconfig dbcontrol db
emca -config dbcontrol db

 実行したが、無情にも弾かれる。。。
 R2以降じゃないとダメなのか、、、


■emcaをいぢる
 emca -h で利用方法が確認できるので、以下のコマンドを実施。

 ・既存EMの削除
  emca -x [db名]

 ・EMの再作成
  emca -config dbcontrol
   → 作成中にエラーで止まる、、、
      情報: 再度実行する前に、次の要件が満たされていることを確認してください
      情報: SYSAUXのブロック・サイズは8K以上です
      情報: ジョブのキュー・サイズは10以上です

  確認してみると、要件は満たしている。。。
  詳細はログ参照とあるので、以下にあるログを確認すると、オブジェクトが既に存在していた模様。
  
  ログの場所 : [ORACLE_HOME]\cfgtoollogs\

  SYSユーザでDBにログインし、重複オブジェクトを削除→再実行を
  繰り返したところ、正常に作成が完了しました!

  ・・・めんどくせ('A`;)


  [おまけ:うちの環境で削除したオブジェクト一覧]
   drop user SYSMAN cascade;
   drop role MGMT_USER;
   drop public synonym MGMT_TARGET_BLACKOUTS;
   drop public synonym SETEMVIEWUSERCONTEXT;
   drop user MGMT_VIEW cascade;

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ  ← その他のSEブログはこちら・応援クリック歓迎
tsutaken at 23:50│Comments(0)データベース | Windows

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Hyper-V上でWindows 2003 Serverのインストールが失敗する件面接官「特技は残業とありますが?」